高橋怜子のプロフィールは?水中写真家になるまでの学歴や経歴は?【セブンルール】
スポンサーリンク

 

2020年6月2日(火)  23時00分~23時30分  からフジテレビでの放送される『セブンルール』に出演する水中写真家高橋怜子さん。

 

高橋怜子さんは、20年以上勤めた会社を辞め、3年前の2017年に水中写真家に転身されました!

20年以上も勤めた会社をやめるって結構勇気のいることですよね。それほど水中写真家になりたかったのだと思いますが、今回は、そんな高橋怜子さんのプロフィールについて

水中写真家になるまでの学歴や経歴について調べてみました!

 

わかったことをご紹介していきたいと思います♪

 

スポンサーリンク

高橋怜子のプロフィール

プロフィール

名前   :高橋怜子(たかはし れいこ)

出身   :岩手県

血液型  :O型

学歴   :大船渡高校卒業・山形大学化学科卒業

 

高橋怜子さんは、2017年8月に、半導体エンジニアとして20年以上勤務した会社を退職し、海洋生物写真家に転身されたそうです!

 

スポンサーリンク

高橋怜子、水中写真家になるまでの学歴や経歴は?

 

学歴

 

●岩手県大船渡高校卒業

●山形大学化学科卒業

 

2002年頃、愛犬を撮るためにカメラを始めた

2005年頃にダイビング を始めた

2012年頃からは被写体を陸から海に変更

 

経歴

高橋怜子さんは、 1997年頃から2017年まで20年以上、岩手東芝エレクトロニクスでエンジニアとして働いていました。

前々から海洋生物にとても興味があり、年に数回仕事を休んでダイビング や水中写真に没頭していたそうです。

2108年のはじめに、沖縄県の久米島沖でシュノーケーリングをしていたときに、生まれて初めて「ザトウクジラ」に運よく対面。

無意識のうちにザトウクジラにカメラを向け、しなやかであり力強雲あるその姿をカメラに収める事に成功し、ナショナルジオグラフィックの射sんコンテストで見事、グランプリを獲得しました。

その後、本業である半導体のエンジニアの仕事を辞め、写真家となりました。

 

スポンサーリンク

高橋怜子の写真家になる決断とは!?

高橋怜子さんは、、20年以上以上勤めた会社をやめて水中写真家に転身されました。

 

20年以上勤めた会社をやめるということはとても勇気がいることだったと思いますが、決断するに至ったのはある2つのことから影響を受けたそうです・・・。

 

一つは、親友を失ってしまったこと。

 

そしてもう一つは、故スティーブジョブス氏が2005年にアメリカのスタンフォード大学の卒業式のスピーチで語られた内容からだったそうです。

スティーブジョブス氏のスピーチの内容というのは、「今日が人生最後の日だとしたら、今日やるつもりのことをやりたいだろうか?」「答えがノーという日が何日も続けば、何かを変える必要がある」との言葉。

 

高橋怜子さんは、友人を失ってしまったことと、スティーブジョブス氏の言葉によって「人生には限りがある限りがある。本当に好きな事に時間を使いたい」と強く思い、写真家になる決断ができたそうです!!

 

まさに、その通りですよね。

すごく心にひびきます。

 

本当はもっとこうなりたい・・・

やりたい仕事がある・・・

 

そう思っている人はたくさんいるんじゃないかと思います。

ですが、今ある現状を壊してまで新しいことを始める。

やったことのないことにチャレンジするってすごく勇気がいること・・・

だけど、高橋怜子さんのおっしゃる通りで、人生には限りがある。自分の人生がいつまでなのかもわからないからこそ、自分のやりたいことをやるべきだなと、私自身も考えさせられました。

 

高橋怜子のプロフィールは?水中写真家になるまでの学歴や経歴は?【セブンルール】まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

以上、高橋怜子のプロフィールはについて

水中写真家になるまでの学歴や経歴についてをご紹介しました♪

 

 

まとめると・・・

まとめ
・高橋怜子さんは20年以上エンジニアとして会社勤務をしていたが、海洋生物が好きで水中写真家へ転身

・高橋怜子さんの高校は岩手県大船渡高校を卒業

・大学は山形大学化学科を卒業

・高橋怜子さんが20年以上も勤めた会社をやめて水中写真家に転身したきっかけは、友人の死とスティーブジョブス 氏の言葉がきっかけだった

 

以上のことがわかりました!

 

20年以上勤めた会社をやめて、写真家に転身するって本当に勇気がいることだったと思います。

ですが、決断できたきっかけが、友人の死とスティーブジョブス氏の言葉だったということを知り、私自身もすごく心に響きました。

 

人生には限りがある。

自分の人生がいつまで続くかわからないからこそ、自分おやりたいことをやらなきゃ!そう思わせられました。

 

人生の決断に迷っている人がいるとしたら・・・

ぜひこの記事、高橋怜子さんを参考にしていただけたらとも思います!!

スポンサーリンク
おすすめの記事