食べづわりと吐きづわりの両方・対策と乗り越え方
スポンサーリンク

 

 

つわりって体力的にも精神的にもめちゃくちゃきつい!

 

寝ても覚めても気持ちが悪い・

お腹が空くと気持ちが悪いし・・・だけど、食べても気持ちが悪い・・・

 

どちらにしても気持ちが悪くなって吐いてしまう

食べづわり” と”吐きづわり”の両方を経験されている方へ!

 

その対策・乗り越え方をご紹介します。

 

 

男の子3人の子育てをしている私は、次男と三男の時に”食べづわり” と”吐きづわり”の両方を経験し、めちゃくちゃ辛かったのを覚えています。

私の実体験が少しでも、同じ悩みの方にお役に立てればと思っています。

 

 

スポンサーリンク

食べづわりとは?食べづわりの対策・乗り越える方法

 

そもそも、食べづわりとはどんな症状のことをいうのでしょうか?

それぞれの症状と、それぞれの対策・乗り越え方をご紹介します。

 

食べづわり

空腹になると吐き気がしたり気持ち悪くなるつわりのことを、一般的に”食べづわり”と言います。

 

空腹になると気持ちが悪くなる為、こまめに食べ物を食べることが大切です。

気持ちが悪くなったらすぐに食べられるよう、飴や一口サイズのお菓子などを、仕事の時もカバンやポケットに入れておくと安心です。

 

 

但し、1日中食べているのはカロリーなども気になるところですよね。

妊娠中に太り過ぎると、妊娠中毒症や妊娠糖尿病などの病気にかかるリスクが高まりますので

ノンシュガーの飴やこんにゃくゼリーなど糖分やカロリーが少ない物を選ぶと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

吐きづわりとは?吐きづわりの対策・乗り越え方

 

そもそも吐きづわりとはどんな症状のことをいうのでしょうか?

症状と、対策・乗り越え方をご紹介します。

 

吐きづわり

食べ物を食べる・食べないにかかわらず、常に吐き気がするつわりのことを、一般的に”吐きづわり”と言います。

 

吐き気がするだけの人もいれば、実際に嘔吐してしまう人もいます。また、吐き気を感じる頻度等には個人差があります。昨夜は大丈夫だったけど今日は吐き気がひどい・・・と、日によって症状が変わる人もいます。食べ物や匂いによって吐き気が引き起こされたりと、吐きづわりとはいえ、人それぞれです。

 

吐きづわりの場合は、自分が食べたいものや食べれるものを、食べられるだけ食べるようにしましょう。また、どのような食べ物や匂いがダメなのか、自分の傾向を知ることで、少しでも和らげることができるでしょう。

 

経験談

 

私の体験談もお話しします。

次男・三男の時は、食べづわり・吐きづわり両方経験しました。まず、お腹が空くととても気持ち悪くなるので、食べます。食べると今度は吐き気がして嘔吐してしまします。嘔吐するのでまたすぐにお腹がへり気持ちが悪く、また食べて、食べては嘔吐して、の繰り返しでした。

お腹が空いても食べても気持ち悪いって、もう地獄でしたね。

 

そんな毎日を送る中で、私なりの乗り越え方をあみ出しましたのでご紹介したいと思います。

 

乗り越え方その1

一気にたくさんの量を食べると、特に吐き気が増すので、少しずつ食べるようにしていました。

小腹が空いて気持ちが悪い時はノンシュガーの飴や梅干し、自分がすっきりする物を食べていました。

 

乗り越え方その2 吐きやすい食べ物をチョイス

ほぼ、嘔吐してしまうことが多かった為、嘔吐する際にダメージがない食べ物や嘔吐の工夫をしました。

簡潔にお伝えすると、吐きやすい食べ物をチョイスしてたということです。

 

まず、食べ物を食べたあとは、水分を多くとることです。水分が少ないと嘔吐する際に喉が傷つくのか時にはすごく痛かったりします。

食べ物の注意点としては、辛いものや、乳製品は嘔吐する際すっきり吐くことができません。そもそもすっきり吐くなんてことはないのですが、すっきり吐けるとしたら、汚い表現で大変申し訳ないのですが、うどん等の匂いが少なかったり、流れるように出てきてくれることがあります。

吐かないようにするのはもう無理!と途中で諦めて、ならばせめて吐く時にダメージが少ない物を・・・という考えに至ったのです。

 

乗り越え方その3

 

何かに集中することです。集中している間はまだ、気持ち悪さを忘れたり紛らわすことができます。

 

私の場合はずっと携帯ゲームをしていました。

携帯ゲームをして1日中だらだらしているなんて・・・自分ってダメだな。なんて思わないでください。

それで気が紛れるのなら、気にせず行いましょう。

 

 

つわりは終わりが来るからと言われますが、正直、そんなこと言われても、いつ終わるという確証もなく、ただただ辛いです。体力的にはもちろんですが、精神的に辛いです。

なので頑張ろうとせずに、自分の思うままに過ごしてください。開き直ってください。

 

次男のつわり期間は、開き直ることができず、家族に迷惑かけて申し訳ない、何もできない自分がもどかしい、などと考えてしまい、精神的にとても辛かったです。

その為、三男のときはこんな自分も今は仕方がないと割り切って考え、とにかく自分の思うがままに毎日を過ごしていました。その為、辛かったですが精神的には少し楽になることができましたよ。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

 

いかがでしたか?

 

食べづわりとその対策・乗り越え方は、こまめに食べ物を口にして気持ち悪さを回避する。

吐きづわりとその対策・乗り越え方は、少しずづ食べたり、自分が食べたい物、食べれそうな物を食べること。

嘔吐してしまう場合はどのような点に注意したら良いのか

吐きやすい食べ物のチョイス等、私の実体験をお話しさせていただきました。

 

 

参考にしていただき、少しでも皆さんの苦痛が和らいだら嬉しいです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事