出産の病院(産院)選び・失敗しない産院選びのポイントとは?
スポンサーリンク

 

 

初めての妊娠・出産であれば、どこの病院(産院)を選ぶか悩むところですよね。

 

病院(産院)選びは

ズバリ!ご自身がどんなお産を望むのかどんな子育てを望むのかによって産院を選ぶべきです!!

 

 

3人のお産経験のある私の経験談も踏まえながら

出産の病院(産院)選び・失敗しない産院選びのポイントをお伝えしたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

出産の病院(産院)選び・失敗しない産院選びのポイントとは?

 

 

1.自宅からの距離

自宅から病院までの距離はとても大切かと思います。

 

妊婦検診は1ヶ月に1回から、週数が進めば1ヶ月に2回と通う頻度が増えます。また、陣痛が来たり破水しても近くの病院ならすぐに駆けつけることができるので安心です。

 

自宅からの交通機関(バスや電車)、タクシーや車で片道かかる時間などを調べて決めましょう。

 

 

2.病院設備(NICUの有無)

生まれてきた赤ちゃんに万が一なにか起きた時にすぐに対応できる病院なのかを調べておきましょう。

 

たとえば助産院などは、緊急の帝王切開に対応できません。出産時に何かあった場合、個人病院で対応が難しいと判断されると、近くの大きな病院に転院することがあります。転院、救急搬送される場合は、どこの病院へ搬送されるかも事前に知っておくと安心でしょう。

 

3.口コミ

ネットでの口コミを見れる産院もあるのでチェックしてみましょう。

 

ただ、周りの知人のによる口コミが一番信頼できるもしれません。お産経験がある方ならよりリアルな話が聞けますので周りを当たって見るのはいかがでしょうか?

 

4.食事の美味しさ

食事の美味しさって関係ある?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と重要です!

 

私が食いしん坊だから、ではなくきっと皆さんにも重要ポイントになるはず。笑

 

なぜかというと、入院生活は長いから!

 

 

出産後の入院期間は、産院によっても異なるかもしれませんが、初産で普通分娩であれば、大体5〜6日間の入院生活帝王切開であれば、7〜11日間の入院生活になります。

 

1週間程の入院期間がある為、毎日の食事は美味しい方がもちろん良いですよね。

 

病気で入院しているわけはないですし、赤ちゃんを産んだことで胃のムカムカが治ったり、味覚が元に戻ったり、後期つわりが治ったりと、今まで不調だったところも通常に戻りますので、ご飯も美味しく食べられます。

 

ですので、ぜひポイントのひとつとして選んでみてください。

 

 

5.立ち合い出産が可能か

立ち合い出産を希望されていらっしゃる方でしたら、立ち合い出産が可能かどうか事前にチェックしておくと良いでしょう。

 

ちなみに私の出産した病院は、両親学級と言うママ、パパがお産について赤ちゃんについてを勉強する会に

ママ、パパ両方が一緒に参加する必要がありました。ただ、その両親学級が平日に行われていた為、仕事を休ませることを考えると、立ち合い出産は諦めました。

 

中にはそう言ったルールがない病院もありますので、こちらもチェックすると良いでしょう。

 

6.母子同室かどうか

出産後すぐから赤ちゃんと一緒にいたい。そう思う方はぜひ母子同室の産院を選ぶと良いでしょう。

 

母子同室といっても病院(産院)によって様々な形態があります。

 

 

・出産後すぐから一緒にいる完全母子同室

・出産してから数日たつと母子同室

・昼間の間だけ母子同室

・個室のみ母子同室

 

など産院によって様々です。

 

 

 

母子同室は、出産後すぐから一緒にいれる喜び、幸せを思いっきり感じることができます。

一方で、中々休めないという事実もある為、自分がどうしたいのかをまずは考えると良いでしょう。

 

 

経験談♪

ちなみに、私は母子同室の産院で出産しましたが、寝れずに身体がキツイ時は、助産師さんに預かってもらえましたよ。

私の場合は、我が子が隣にいることで興奮して眠れなかったのを今でも覚えています。笑

 

母乳を進める病院(産院)だった為、母子同室で四六時中母乳をあげていました。そのおかげか、初めは少ししか出ていなかった母乳も、徐々に出が良くなり、ミルクを頼ることなく完全母乳で育てることができました。完全母乳というのは、経済的にもとても助かったので、私個人的には母子同室で良かったと思っています。

 

 

7.病院(産院)の方針

産院によって、お産や産後の子育てに関しての方針等があるかと思います。

私の経験談になるのですが良かったら読んでください♪

 

希望のお産を行ってくれる

私の病院(産院)は、希望のお産を行ってくれる病院でした。

 

妊婦検診の際に、バースプラン(お産の計画書)の記入を勧められます。例えば、陣痛中にリラックスできる音楽を流して欲しい、等。

 

私は、一人目の時は正直、お産が未経験な為、どんなお産をしたいのか想像もつかず、何も希望しなかったと思います。

二人目の時は、CDを持参するから好きな音楽を聞かせて欲しいと希望を出しました。が、結局、陣痛がきてからCD の存在をすっかり忘れ、病院へ向かってしまいました。笑

3人目の時は、分娩室にカメラを持参して生まれたての姿を写真に残したい、臍の緒を見せて欲しいと希望し、本当に希望をかなえもらいました。

なんと、臍の緒だけではなく、胎盤まで見せてくれてました。臍の緒は思った以上に太く、透明のような色味にびっくりして、胎盤は、正直ぐろかったですが、、、(笑)3人目でお産は最後と決めていたので、最後にすごくいい思い出になりました。

 

ぜひ、希望のお産をかなえてくださる病院(産院)を選ぶといいですね。

 

 

産後の子育て

私の出産した産院は、母と子の絆を深める為、赤ちゃんのことを考え、完全母乳を推奨している産院でした。

 

その為、母乳の飲ませ方だけではなく、母乳が出るようになる母乳マッサージを施してくれたり、とても熱心に母乳が出るまで寄り添っていただけました。

 

正直、出ないならミルクでも・・・と言う思いも少しあったのですが、病院(産院)の徹底する姿勢のおかげか、退院してからも順調に母乳がでるようになり完母(完全母乳)で育てることができました。

 

母乳は、ママしか行えない行為ですし、すぐにお腹がすくから大変、と思ってらっしゃる方もたくさんいるかもしれませんが、おっぱいをあげられる時期って、たった1年程しかありません。

おっぱいをあげることって母と子の大切なスキンシップになるので、たくさんスキンシップを図れてよかったなぁという思いと、ミルク代もバカにはならない為、経済的にもすごく助かりました。

 

産院により様々な方針があるかと思います。

 

ご自身がどんなお産をしたいのか、どんな子育てをしたいのか、そこに合っている産院なのかがとても大切です。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

●出産の病院(産院)選び・失敗しない産院選びのポイントとは?

1.自宅からの距離

2.産院設備(NICUの有無)

3.口コミ

4. 食事の美味しさ

5.立ち合い出産が可能か

6.母子同室か

7.病院(産院)の方針

 

出産の病院(産院)選び・失敗しない産院選びのポイントをそれぞれお伝えしましたが

参考になりましたでしょうか?

 

最大のポイントは、ご自身がどんなお産をしたいのか、どんな子育てをしたいのかをまずは考え、

その考えに合った病院(産院)なのかチェックすることです。

 

妊婦さん自身、お腹の赤ちゃん、そしてご家族にとって

一生忘れない、素敵な思い出になるようなお産をぜひ経験されてくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事