妊娠中にかかりやすい病気
スポンサーリンク

 

現在妊娠中の皆様、妊娠するとかかりやすくなる病気や症状などをご存知でしょうか?

実は、妊娠中にかかりやすい病気や症状などがいくつかあります。事前に知っていることで防げることもたくさんあります。

今回は、妊娠するとかかりやすい病気や症状、妊娠中のトラブルについてを調べたのでご紹介したいと思います。

 

関連記事:妊娠中のコロナ感染・胎児への影響は

 

スポンサーリンク

妊娠中にかかりやすい病気とは?

歯周病

妊娠すると、ホルモンの変化や唾液の分泌量の低下、つわりや食習慣の変化などにより、虫歯や歯周病などの口腔トラブルが起こりやすくなります

歯周病により、早産や胎児発育不全などのリスクが高まるという報告もあります。妊娠中に、歯科で虫歯や歯周病のリスクをチェックしてもらい、必要な治療やセルフケアのアドバイスを受けましょう。

症状がないとしても、産後赤ちゃんが小さいうちは歯科に通うのも難しくなるので、妊娠中に検診に通うことをオススメします。

 

貧血

鉄分は、赤ちゃんの血液を作る材料となるため、妊娠中は母体の鉄分が胎盤を通して赤ちゃんにたくさん送られ、お母さんの体では鉄分が不足しがちになります

また、妊娠後期には血液の量が増え、血液が薄まった状態になるため、鉄欠乏性貧血になりやすくなります。

貧血予防のためには、毎日の食事で鉄分の摂取を心がけ、鉄分に加えてたんぱく質やビタミン、葉酸などをとることも大切です。鉄分のサプリメントをとることもいいでしょう。また、鉄分はビタミンCと一緒にとることで吸収されやすくなります。

 

便秘

妊娠中は、プロゲステロンというホルモンの分泌が増加するため、腸の働きが悪くなり、便秘になりやすくなります

妊娠後期になると大きくなった子宮が腸を圧迫し、さらに腸の働きが悪くなるため便秘が悪化しやすくなります。
便秘予防のためには、食物繊維を多く含む食品や、発酵食品など腸内環境を整える食品を取り入れた食事を心がけましょう。また、十分な水分摂取や適度な運動も大切です。

妊娠中は運動する機会がグッと減ると思いますが、ウォーキングや、マタニティビクスやマタニティヨガなどをオススメします。運動不足を解消することもできますし、身体を動かすことでストレス発散になったり心身ともにリラックスできる効果もあります。

 

シミ

女性ホルモンの増加や新陳代謝の活発化により、妊娠するとお肌の状態も変化します。女性ホルモンの働きでメラニン色素の分泌が増えるため、シミやそばかすが目立つようになることがあります

特に日光に当たるとシミが増えやすくなるため、外出時は日焼け止めや日傘などで紫外線対策をしっかりしましょう。ビタミンCをとることも大切です。

 

 

口内炎

口内炎は、免疫力の低下や疲労、ストレス、栄養不足など、さまざまな原因で起こります。妊娠によるホルモンバランスの変化、つわりによる食事の偏りや口腔ケア不足などでも口内炎は起こりやすくなります。

ホルモンバランスの変化は予防できないため、十分な睡眠、栄養バランスのよい食事、ストレス解消など、生活習慣を見直して予防を心がけましょう。口内炎の治療薬には、飲み薬、塗り薬、貼り薬、スプレー薬などさまざまなタイプがあります。市販薬を使用する前には、念のため主治医に相談すると良いでしょう。

 

腰痛

妊娠中期~後期になると、大きくなったおなかを支えるために体の重心が変わり、上体を反らせる姿勢になることが多いため、腰痛が起こりやすくなります。

子宮が大きくなり、骨盤の周りの筋肉が引っ張られることも、腰痛の原因になることがあります。
予防のためには、骨盤を支えるベルトなどを着ける、座るときは背中をまっすぐ伸ばせるように深く座る、寝るときは横向きになる、などを心がけましょう。ストレッチなど適度な運動も大切です。

痛み止めを使いたい場合、薬の成分が赤ちゃんに影響する場合があるので、医師に相談すると良いでしょう。

 

むくみ

妊娠中は、ホルモンの変化や体内の血液量の増加などによりむくみやすくなります。

軽いむくみは、妊娠による生理的な変化ともいえ、多くの妊婦さんが経験します。ただし、全身がひどくむくむような場合は妊娠高血圧症候群などの病気の可能性もあるため、主治医に相談しましょう

つらいむくみを解消するためには、寝るときに足を少し高くする、弾性ストッキングをはくほか、マッサージや足浴なども効果的です。食事においては、カリウムやビタミン、カルシウムの摂取がすすめられますが、水分制限は赤ちゃんの血液をわるくするため禁物です。

 

妊娠糖尿病

 

妊娠が進むと、インスリンという血糖値を下げる働きを持つホルモンの働きが弱くなり、血糖値が上がりやすくなることがあります

妊娠中に初めてみられ、まだ糖尿病には至っていない糖代謝異常を「妊娠糖尿病」といいます

食生活などに関係なく起こり、特に、家族に糖尿病の人がいる人、35歳以上の人、妊娠高血圧症候群の人などは注意が必要です。
妊娠中にお母さんの血糖値が高い状態が長く続くと、赤ちゃんが大きくなりすぎたり(巨大児)、低血糖になったりすることがあるため、食事療法やインスリン注射などによる治療をおこない、血糖をコントロールすることが必要になります。

 

妊娠高血圧

妊娠中に、血圧が高くなり尿にタンパクが出る病気を「妊娠高血圧症候群」といいます

もともと高血圧の人、糖尿病や腎臓病の人、初産の人、肥満の人、高齢の人などに起こりやすいため注意が必要です。
妊娠高血圧が進むと、お産の前に胎盤がはがれてしまう「常位胎盤早期剥離」や、「子癇発作」とよばれる痙攣などのリスクが高くなるため、入院による管理が必要になります。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

以上、妊娠中にかかりやすい病気や症状についてと対策や解決方法を一緒にご紹介しました。

 

妊娠中にかかりやすい病気や症状は以下

・歯周病

・貧血

・便秘

・シミ

・口内炎

・腰痛

・むくみ

・妊娠糖尿病

・妊娠高血圧

 

症状や原因を知ることで、事前に予防することもできるかと思うので

ぜひ、参考にしていただいたらと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事