妊娠中のストレスによる悪影響│ストレス発散方法とは
スポンサーリンク

 

妊娠中は何かとストレスが溜まりませんか?

イライラしたり情緒不安定になってしまったり・・・

 

そのストレスってお腹の赤ちゃんには影響あるのかな?そう不安に思っている方も少なくないと思います。

 

妊娠中のストレスによる悪影響ってどんなものがあるのか。

 

また、ストレス発散方法についてご紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

妊娠中のストレスによる悪影響とは

 

ストレスはお腹の赤ちゃんによくないよ〜と漠然と考えている方も多いと思います。

 

では、具体的に何に悪いの?

どんな影響があるの?というところまで詳しくお話ししていきます。

 

胎児への影響

まず、お腹の赤ちゃん(胎児)への影響は

ストレスによりお腹の赤ちゃんに栄養が届きにくくなることです。

 

あまりにストレスを感じることが多いと、脳内のストレスを緩和しようと体に取り入れた栄養が優先的に脳へと運ばれ、お腹の赤ちゃんには届きにくくなってしまうそうです。その為、低体重発育の確率が高くなると言われています

 

母体への影響

妊婦さん(母体)への影響は、切迫早産、早産のリスクがあることです。

※「早産」とは、妊娠22~37週未満の時期に出産。「切迫早産」とは、早産になる一歩手前のことです。

 

妊娠中にストレスをうけると、妊婦の体にはストレスに対抗するホルモンが分泌されます。このホルモンが分泌されると、妊婦自身の血行が悪くなり、お腹の赤ちゃんに十分な栄養素が届かなくなると言うことになります。血行が悪くなり栄養が滞ってしまう事で、胎児の成長にも影響を及ぼし早産や流産へと繋がってしまうのです。

 

また、ストレスをうけると子宮が収縮してしまいます。

子宮が収縮するとお腹がカチコチに硬くなる、いわゆるお腹が張っている状態になるのですが、子宮がグーッと収縮している時は、胎児も圧迫される状態になるので、もちろんお腹の中の赤ちゃんも苦しい状態になっているようです。

 

 

ストレスは赤ちゃんに大きな影響を及ぼしかねない危険なものなのです。

 

スポンサーリンク

妊娠中ストレスの原因とは

 

では、次に妊婦さんが抱えるストレスの原因はなんなんでしょうか?

妊娠中のストレスの原因を見ていきましょう。

 

悪阻

常に気持ちが悪い、食べないと気持ちが悪い、吐いてしまう、匂いに敏感になるなど症状は様々ですが、日常生活に支障をきたしてしまうほどの症状もあります。

 

悪阻によるストレスは計り知れません。

 

 

そもそも悪阻とは?

個人差はありますが妊娠5週くらいから起こることが多く、悪心、吐き気、眠気、食欲の減退などが見られます。

また、急に食べ物や洗剤の匂いなどに敏感になったり、食べ物の味覚の好みが変化するといった症状が見られることも多く、このことで初めて妊娠に気づく女性も多いです。

この症状は妊娠16週頃には落ち着くことが多いですが、症状の重さには個人差があり、長引くこともありますし、ほぼ症状がない方もいます。

妊婦の8割が経験すると言われています。

 

悪阻の症状は様々

 

・吐き悪阻

・食べ悪阻

・匂い悪阻

・寝悪阻

・よだれ悪阻

 

食べると気持ちが悪くて吐いてしまう。

逆に食べていないと気持ち悪くなってしまう。匂いに敏感になり、匂いを嗅ぐことで気持ちがあるくなってしまう。

とにかく眠くて眠くて起きていられない症状。

よだれが多感に出ることで気持ちが悪かったり不快感を感じる。

 

悪阻と言っても、様々な症状があり、また人によっての重症度も変わってきます。

 

 

心と体の変化

どんどんお腹が大きくなるだけではなく

お肌が乾燥したり、吹き出物ができたりと肌トラブルも多く起こります。

ホルモンの変化により、落ち込みやすくなったりと気持ちの変化もとても大きいです。

 

出産子育てへの不安

私が本当にママになれるのだろうか?赤ちゃんを育てることができるのだろうか?

と言うこれからママになることへの不安も大きく感じてしまいます。

 

 

 

スポンサーリンク

妊娠中のストレス発散方法おすすめとは

 

1、趣味を見つける

自分のやりたいこと、好きなことを見つけましょう。

 

好きなことをしている時間はとても楽しく妊娠中のストレスや不安を忘れることができたり、ストレスを解消するとこもできます。

お腹の赤ちゃんのことを思って安静にしたり、出産後にかかる金銭等を考えて節約することも大切かもしれませんが

ぜひ、自分の気持ちを大切に、やりたいことをやって楽しみましょう。

妊婦さん自信が楽しむことによって、お腹の赤ちゃんも気持ちがHAPPYになるはずです。

 

2、美味しいものを食べる

 

赤ちゃんが生まれると中々外食が難しくなります。

現在では、バウンサーや子供用の椅子が用意されており、子連れOKのお店も多くなりましたが

中々こちらも気を遣ってしまうところ。

そして何より、ゆっくりは食べれないと言う事実はあります。

なので、外食をゆっくり楽しむのは今のうち!

 

妊婦検診での体重増加を注意されたりすることから

食べ物にも悩む妊婦さんがいらっしゃると思いますが、毎日我慢の繰り返しでは

ストレスが溜まってしまいますので

体重増加には気をつけながらも、ぜひ好きなものを食べてストレス発散しましょう。

 

 

3、出かける

旦那様やご友人とぜひ出かけましょう!

 

産後1ヶ月ほどは外出ができません。

また、赤ちゃん連れの外出は思った以上に時間がかかったり

ショッピングなどはゆっくり見ることができなかったりと言うこともあります。

 

なので、出かけるのも妊娠中の今のうち!

 

自宅での安静ではない限り、激しい運動を覗けば

ウォーキングしたり、ショッピング、映画、外食に出かけるのは

心も体もストレス発散になりますよ。

 

 

 

4、体を動かす

激しい運動は禁物ですが、妊婦さんでもできるマタニティヨガ・マタニティビクスなども

おすすめです。

体を動かすことで、凝り固まった筋肉をほグスことができ、血行がよくなり体が温まるなど

体にはもちろんたくさんのメリットがあります。

また、程よく体を動かすことで心のストレスも発散されます。

 

 

5、睡眠をしっかりとる

妊娠中はとにかく眠い。

その体のサインに素直に応じましょう。

寝れる環境があるのであれば遠慮せずに、しっかり寝ましょう。

 

寝てばかりの自分をせめてしまう妊婦さんも少なくないかと思いますがそれはNG!

 

眠気によるつわりもあるので

遠慮せずにしっかり睡眠をとることが妊婦さん自身、お腹の赤ちゃんにも良いことなのです。

 

 

 

 

 

妊娠中のストレスによる悪影響│ストレス発散方法とは・まとめ

 

●妊娠中のストレスによる悪影響は

●妊娠中のストレスの原因とは

●妊娠中のストレス発散方法とは

 

妊娠中のストレスはお腹の赤ちゃん(胎児)や妊婦さん(母体)にも悪影響があります。

とはいえ妊娠中は、体の変化や心の変化が大きく

つわり、肌トラブル、等、様々なことが起こる為、ストレスは少なからず生じてしまいます。

 

その為、ストレスを発散して、ストレスと上手に付き合う方法が大切になってきます。

 

悪阻に対しても、食事、やりたいことに対しても我慢は禁物!

 

我慢せずに、ご自身の気持ちを大切にしながら妊娠生活を送ってください。

妊婦さん自信が楽しめていると、お腹の赤ちゃんにも伝わります。

 

 

ぜひ、参考にしていただき貴重な妊娠生活を楽しんでいただけたらと思います。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事