妊婦・骨盤ベルトはいつからつけるべき?おすすめベルトと注意点とは!?
スポンサーリンク

 

 

妊娠中期から後期にかけてお腹が徐々に大きくなりはじめると、腰痛に悩まされることも多くあると思います。

そんな時には、娠用の骨盤ベルト”とても役に立ちます!!

 

 

とっても役にたつ骨盤ベルトですが、一体いつからつけるべき?効果と注意点とは?

 

そしておすすめベルトを、今回ご紹介したいと思います♪

 

 

スポンサーリンク

妊婦・骨盤ベルトとは?

 

妊娠中の骨盤ベルトはいつからつけるべき?をご紹介する前に、そもそも骨盤ベルトとは?を少しお話ししますね。

 

骨盤ベルトとは?

骨盤ベルトとは、骨盤の緩みや歪み・ズレ・開きを矯正する器具です。

 

骨盤の中央部分(仙骨)・骨盤の前部の接合部分(恥骨結合)・前太ももの張っている部分(大転子)の3点を結ぶラインをベルトで巻いて、骨盤を支えるものになります。

 

 

スポンサーリンク

妊婦・骨盤ベルトの効果は!?

 

骨盤ベルトを巻くと一体どんな効果が得られるのでしょうか?

 

腰痛の予防になる

骨盤ベルトで骨盤を支えることで、腰まわりの筋肉への負荷が軽くなります。
その結果、腰痛の予防・改善が期待できるのです。

 

お腹が大きくなればなるほど、腰痛がひどくなりますので妊婦さんにはとってもおすすめです。

 

 

恥骨痛の予防になる

妊娠中に足の付け根に違和感や痛みを生じることを"恥骨痛"と言います。
原因は骨盤の緩みにあります。骨盤ベルトは、こういった恥骨痛の予防改善にも役立ちます。

 

 

経験談♪

ちなみに私は二人目以降、この恥骨痛に悩まされました。特に一日中立ち仕事をしている日は、夕方には痛みが増し、歩くのにも痛みが生じるほどでしたが、骨盤ベルトをすると痛みがなく、歩くこともでき他ので、骨盤ベルトが欠かせないアイテムになりましたよ♪

 

産後太り予防になる

骨盤ベルトは、産後の体型崩れの防止にも効果を発揮するといわれています。

 

出産後、緩んだ骨盤は半年程度かけて徐々に閉じていきます。
しかし、一度大きく開いた骨盤が自然に元の位置に戻るのは難しく、放っておくと歪みやズレが生じたままの状態になってしまいます。
歪みやズレは下半身太りや体型崩れの原因になるので気をつけたいところですよね。

 

出産後も同じ骨盤ベルトをつけて矯正サポートをすることで、骨盤が元の位置にスムーズに戻りやすくなります。

 

 

産後、なかなか痩せれないという方が多くいらっしゃいます。はい、私もその一人です。笑

 

 

経験談♪

 

一人目の出産後は、正直、自分の体型のことよりも我が子のお世話でいっぱいいっぱいでした。が、産後の骨盤の歪みやズレがこんなにも下半身に影響するとは・・・ととても後悔しました。(泣)

 

産後すぐは、骨盤の歪みやズレを直して、産前よりも綺麗な身体にするチャンスと言われています。ぜひ、皆さんには私のように後悔して欲しくないなと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

妊婦・骨盤ベルトはいつからつけるべき?

骨盤ベルトは、妊娠初期から産後2カ月程度までつけるのがおすすめです。

 

 

なぜかというと、骨盤が緩む原因となるホルモン・リラキシンは、妊娠初期から分泌が始まります。
なので、妊娠が判明した時点から骨盤ベルトをつけ始めるのが一番なのです。

 

ですが、妊娠初期からつけていないと効果が無いという訳ではありません。
妊娠してしばらくしてから「やっぱりつけようかな」と思い、つけ始めてももちろんOKです。
なお、妊娠初期のつわり時に、ベルトの締め付けがツライという場合は無理にする必要はありません。

 

 

妊婦・骨盤ベルトの注意点

 

骨盤ベルトの効果がわかったところで、次は、骨盤ベルトをつける際の注意点をお伝えします。

 

つける位置

骨盤ベルトは、つける位置や締め付けの強度がとても重要と言われています。

 

つける位置は、骨盤の中央部分(仙骨)と骨盤の前部の接合部分(恥骨結合)と前太ももの張っている部分(大転子)の3点を結ぶラインにつけましょう。また、きつく締め付けすぎないように注意しましょう。
装着後に、恥骨のあたりに手のひらがスッと入る程度に余裕を持たせてください。

 

骨盤ベルトは慣れれば簡単に使うことができますが、初めて使うときにはちょっとしたコツが必要です。
やり方に不安がある方は、まずは産婦人科でアドバイスを受けてみるのも良いかもしれません。

 

おすすめ骨盤ベルト

 

骨盤ベルトの効果、いつからつけるべきか?また、つける際の注意点などおわかりいただけたかと思います。では、どんな骨盤ベルトが良いのでしょうか?

 

ママ達に聞いた人気ランキング3位をご紹介します♪

 

【1位】 トコちゃんベルトII

やっぱりトコちゃんベルトは王道ですね!

病院からトコちゃんベルトをすすめられるケースも多いので必然と言えるでしょう。

 

まとめ

 

以上、骨盤ベルトはいつからつけるべき?おすすめと注意点をご紹介しました♪

 

まとめると、骨盤ベルトは、骨盤の緩みや歪み・ズレ・開きを矯正する器具で、妊婦さんにおすすめです!

 

骨盤ベルトの効果は以下

●腰痛の予防

●恥骨痛の予防

●産後太り予防

 

骨盤ベルトをつける時期は

骨盤が歪む原因となるホルモンは、妊娠初期から分泌される為、妊娠初期から〜産後2ヶ月までつけることをおすすめします。

 

 

注意点は、つける位置や締め付け方です。

骨盤の中央部分(仙骨)と骨盤の前部の接合部分(恥骨結合)と前太ももの張っている部分(大転子)の3点を結ぶラインにつけましょう。また強く締め付けるのはやめましょう。

 

つけ方等、不安な場合は、産婦人科で、アドバイスをもらうことをおすすめします♪

 

 

少しでも参考になればとても嬉しいです^^

 

スポンサーリンク
おすすめの記事