ベビーマッサージ資格・ママに注目されている理由とは?
スポンサーリンク

ベビーマッサージの資格が、今、子育てママに注目されています。

 

ママになると、子供の預け先と勤務形態が異なってしまったり、実際、子供の預け先(保育園)が見つからない方もたくさんいます。保育園に入れない待機児童ってやつです。

そして、以前と同じように働けるのか?子供の体調不良の時はどうしよう、など何かと不安だらけなのです。

 

だからこそ、手に職をつけたい。自宅で仕事をしたい。育休中に働き方の選択肢を増やしておきたい、とベビーマッサージの資格に興味を持つママが増えています。

 

そこで、今回は、ベビーマッサージの資格取得について調べたのでご紹介したいと思います^^

 

スポンサーリンク

ベビーマッサージ資格が注目されている理由

子育てママにベビーマッサージの資格が注目されている理由はなんなんでしょうか?

 

それは、冒頭でもお伝えした通り、ママになると働き方を考えるが多いからではないでしょうか?

 

仕事もしたいが、我が子との時間も大切にしたいから

拘束時間が長い会社勤めではなく、自分のペースで自宅で自由に仕事ができたらと、誰しもが考えることかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

ベビーマッサージの資格がとれる様々な協会

 

ベビーマッサージの資格取得するには、さまざまな民間団体の資格があります。

団体ごとにベビーマッサージの考え方や、カリキュラム、受講の形式も異なるので、自分に合うものを選ぶと良いでしょう!

 

国際ホステリックセラピー協会チャイルドボディセラピスト

国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)主催の認定資格。医師が監修するカリキュラムを修了し、試験に合格するとチャイルドボディセラピストとしての資格認定を受けられます。

2級の講座では、赤ちゃんの体の知識を学んでから、ベビーマッサージを学べます。「赤ちゃんとコミュニケーションを深めたい」「便秘や夜泣き解消目的でマッサージをしてあげたい」というママにおすすめの内容となっています。

1級の講座では、ベビーマッサージだけではなく、赤ちゃんとママが一緒に行うストレッチ、赤ちゃんサイン、ベビーリフレクソロジー、乳幼児に大切な食事のことなど、より幅広い知識を身につけることができます。今後ベビーマッサージを仕事に生かしたい人は、1級取得を目標にするといいでしょう。

ロイヤルセラピスト協会ベビーマッサージ

ロイヤルセラピスト協会(RTA)による認定資格。全国各地にあるRTA指定スクールに通い、カリキュラムを修了したあと、試験に合格すると認定セラピストとして資格がもらえる仕組み。

ベビーマッサージベーシック講座では、ママと赤ちゃんの体について学び、その後ベビーマッサージやおくるみを使ったタッチケアの手順を学べます。資格取得後は、ベビーマッサージの講師として教室・資格取得スクールを開講することが可能です。

ベビーマッサージアドバンス講座は、ベビーマッサージの講師なら知っておきたい、赤ちゃんの肌の知識や正しいスキンケアについて、詳しく学べる内容となっています。

日本アタッチメント育児協会・ベビーマッサージインストラクター

日本アタッチメント育児協会(ABM)による認定資格。2日間の短期集中講座で資格が取れるので、子育て中のママのほか、転職を考えて受講する人もたくさんいるようです。

ベビーマッサージに関する知識はもちろん、ベビーマッサージの教え方、教室の開き方や運営方法を講義でしっかり学べることが特徴さらに、実践ワークでは、他の受講生たちとともにベビーマッサージのスキル演習もあります。

講座を修了し、試験に合格するとインストラクター資格が取得できます。

日本開発推進協会ベビーマッサージインストラクター

日本能力開発推進協会(JADP)が認定する、ベビーマッサージのプロインストラクター資格。協会認定の通信講座で、ベビーマッサージ理論、赤ちゃんの肌と体の仕組みについての知識などを学び、ベビーマッサージのスキル知識や教室開校に必要な知識まで身につけることができます。

在宅で勉強することができ、受講費用も安く設定されています。気軽にチャレンジできるメリットもありますが、ある程度自分でスケジュールを立てて、課題をこなしていく意識の高さも必要。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

以上、ベビーマッサージの資格取得についてご紹介しました♪

 

ママになると、以前と同じように働くとこに不安がいっぱい。実際、預け先がなかなか見つからない方も多くいます。

働き方を考えたときに、自分のペースで働ける個人事業主として、べベビーマッサージの資格取得を考える方が今増えているのです。

ベビーマッサージの資格を撮るには、様々な民間資格があるので、いろいろな団体を調べて、自分にあう資格を見つけることをオススメします!!!

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事