赤ちゃんのお肌に湿疹(肌荒れ)原因と予防策・対応策とは?
スポンサーリンク

 

 

赤ちゃんの肌が真っ赤っか・・・湿疹ができてしまった・・・など、赤ちゃんお肌荒れ(肌トラブル)に悩んでいらっしゃる方も多いかと思います。

 

今回は、赤ちゃんのお肌に湿疹(肌荒れ)が起きる原因と予防策。また、湿疹(肌荒れ)ができないような対応策をご紹介しようと思います。

 

 

赤ちゃんのお肌ってもちもちプルプルみずみずしい?実はそれ・・・No!なのです!

これから詳しくご紹介しますね。

 

 

スポンサーリンク

なぜ赤ちゃんに湿疹(肌荒れ)が起きるのか!?原因

 

なぜ、赤ちゃんに湿疹(肌荒れ)が起きるのか!?原因をご紹介します。

 

赤ちゃんのお肌は超乾燥肌

 

赤ちゃんのお肌は、個人差はありますが生後すぐから皮脂量が大人の三分の一程に減ってしまいます。その為、赤ちゃんのお肌は超乾燥肌です。

モチモチプルプルみずみずしいのはあくまでイメージなのです。

 

赤ちゃんのお肌はバリア機能が低下している

 

バリア機能という機能を聞いたことがありますか?

 

バリア機能とは、お肌に備わる機能で、外界からの異物の侵入を防止するのと、体内の水分喪失を防ぐ二つの働きのことをいいます。

 

バリア機能が整っているお肌は、肌トラブルが起こりにくいのですが

赤ちゃんのお肌はこのバリア機能が低下している為、常にトラブルが起こりやい状態になっているのです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの湿疹(肌荒れ)を防ぐことが重要・予防策

 

まず、赤ちゃんのお肌に湿疹(肌荒れ)が起きないように、防ぐとことが最もが大切です。

 

では、どのように防げば良いのでしょうか?

 

それは、毎日の家庭でのスキンケアです!

 

洗浄

まず、一番に大切なのは皮膚表面を清潔にすることです。

 

皮膚は想像以上に汚れています

 

汗などの内側からの汚れと、目には見えないですがダニ、ほこり、様々な細菌が外側からの汚れとして皮膚に付着しています。その汚れを長時間放置してしまうと、皮膚のバリア機能が低下している赤ちゃんはそれらが刺激となり、痒くなったり赤くなったり、湿疹ができてしまうのです。

 

 

洗い方のポイント

 

但し、いくら洗浄が大切と言っても洗い方には注意が必要です。

まず使用する洗浄剤は、赤ちゃんのお肌に優しい泡タイプのアミノ酸系シャンプーを使うと良いでしょう。石鹸の方が優しいのでは?と思う方もいらっしゃると思いますが、石鹸は初期段階にできた界面活性剤の為、肌に負担がかかったり、洗い流す際に石鹸カスが残りやすいので要注意です。石鹸カスが残ってしまうことで肌に刺激となり肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。

 

 

洗い方ですが、赤ちゃんの皮膚は大人の半分、約1ミリ程度しかないのですぐに傷ついてしまいます。ゴシゴシ洗わず、手と泡を使って優しく洗ってあげましょう。

 

 

 

また、洗浄剤を使って洗うのは1日1回にしましょう。1日に何度も洗浄剤を使うと、余分な皮脂まで落としてしまい乾燥肌が悪化してしまいます。ただでさえ皮脂量が少なく乾燥している赤ちゃんなので、気をつけたいですね。

 

朝は、ぬるま湯で洗う、夜は、洗浄剤を使って洗うのをおすすめします。

 

 

保湿

お肌をきれいにした後は、すぐに保湿を行いますしょう。

 

保湿剤を塗ることで、赤ちゃんの未熟な角質層に潤いを与えることができ、バリア機能を高めることができるのです。バリア機能が高まれば、痒みや赤み、湿疹などの肌トラブルが起こりにくくなります。

 

 

保湿のポイント

保湿剤はセラミドという成分が入っているものを選ぶことをおすすめします。

 

セラミドって最近大人の化粧水のCMなんかでもよく耳にしませんか?

セラミドは、角質層に潤いを与えることができる重要なものです。赤ちゃんの角質層には潤いが足りない状態ですので、セラミドを使って角質層に潤いを与えて、バリア機能を強化してあげましょう。

 

 

紫外線対策

紫外線を浴びるとどんな影響があると思いますか?私たち大人はシワやしみなど気になるところですよね。

 

紫外線の影響は様々ありますが、赤ちゃんにとって1番よくないことは、紫外線を浴びると肌が乾燥してしまうことです。

紫外線を浴びて肌が乾燥してしまうと、バリア機能がさらに低下してしまいます。バリア機能が低下すると、痒みや赤み、湿疹などの肌トラブルがますます起こってしまうのです。

 

その為、紫外線は積極的に防ぎましょう。

 

紫外線対策

日中、外に出る際は、帽子などの日除け対策を欠かさず行いましょう。

 

また、赤ちゃん用の日焼け止めクリームが市販でも売っているので、日焼け止めクリームを必ず塗りましょう。

 

日焼け止めを選ぶ際には、ウォータープルーフタイプは肌に刺激が強いので避けましょう。赤ちゃんが何時間もずっと外にいることはないと思いますので、SPF20〜30のもので十分効果はあります。

 

但し、赤ちゃんは汗をかきややすいので、まめな塗り直しも大切になってきます。

 

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの湿疹(肌荒れ)が起こってしまった時の対処法

 

赤ちゃんのお肌に湿疹(肌荒れ)が怒ってしまった時の対処法をご紹介します。

 

症状緩和が第一

もし、赤みや湿疹がひどい場合は、皮膚科にいって炎症を沈めることが最重要です。痒かったり痛かったりすれば、それがストレスとなり、自然に治ろうとする力、自然治癒力も低下してしまいます。

 

肌トラブルが原因で夜泣きすることも実際にあるようなので、まずは炎症を治めてあげてください。

 

 

家庭でのスキンケアを欠かさずに

皮膚科での処置を行い、炎症がしずまってから、すなわち通常の健康なお肌になりましたら、毎日の家庭でのケアがとても大切になります。皮膚科に通って一度治ったとしても、家庭でのケアを行わないとすぐに肌トラブルを繰り返してしまいます。

我が家は、まさに皮膚科通いを繰り返していました・・・(泣)

 

 

赤ちゃんの肌を傷つけない洗浄保湿紫外線対策をしっかり行ってあげることで、健康な肌を守ることができます。

 

 

まとめ

 

以上、赤ちゃんのお肌に湿疹(肌荒れ)ができる原因と予防策・対応策でした。お分かりいただけましたでしょうか?

赤ちゃんの肌に湿疹(肌荒れ)ができる原因は、肌のバリア機能が低下していることに原因がありました。

 

そもそも、肌トラブルが起こらないように予防することが大切ですが、その予防策とは、毎日の正しい洗浄、保湿、紫外線対策です。それぞれポイントを抑えてしっかり行うことで皮膚のバリア機能を強化して、トラブルを起こりにくくすることができるのです。

 

万が一肌トラブルが起こってしまった時の対応策は、症状が酷い場合は、まず皮膚科を受診して炎症を抑えてあげることです。かゆい、痛いのが続くのは赤ちゃんにとってもストレスになります。赤ちゃんは、かゆい、痛いが言えませんので、早めにママが気づいて対処してあげることが重要です。

 

症状が治ったら、家庭でのケアを忘れずにしてあげることで、健やかな肌を保てますので、忘れずに毎日行ってあげてくださいね。

 

参考になれば嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事