マタニティライフの楽しみ方・充実させる為にやってよかったこと
スポンサーリンク

 

 

突然ですが、マタニティライフ楽しめていますか?

妊娠中って幸せな事ばかりではなく

つわりに苦しんだり、お腹が大きくなると腰が痛かったり思うように動けなかったり

お酒や食事も我慢しなければいけなかったりと大変なことも多いですよね。

精神面も不安定になることが多々あります。

ですが、長いようであっという間に過ぎてしまうマタニティライフ

早く過ぎて欲しい〜と毎日を過ごすよりも、ほんの少しでも今しかできないことを楽しんで欲しい。

そんな思いから、マタニティライフの楽しみ方・マタニティライフを充実させる為にやってよかったことを3児のママがお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

マタニティフォトを残す

 

絶対残して欲しいのがマタニティフォトです。

なぜなら、赤ちゃんと一心同体な貴重な時期だから。

妊娠すると、つわりに苦しんだり、お酒やタバコ、食べたいものを我慢しなきゃいけなかったり

お腹が大きくなると腰が痛くなったり、足が浮腫んだり、夜ぐっすり眠れなかったり、メンタルが弱くなってしまったりと

大変なこともたくさんあります。

「あぁ、早く産みた〜い」 「解放された〜い」 なんて思ってしまうものですが

妊娠期間って人生の中でとってもとっても短い期間なんです。だって人生80年としたら?妊娠期間はたった10ヶ月。1年もないんですもの。

ぜひ、貴重な時期をお写真に残してください。

後から見直すと残しておいてよかったと思うはずです。

お腹を出してお腹にペイントをする方が増えていますね。

お腹を出すことに抵抗がある方は、お腹を出さずに服を着たまま撮るマタニティフォトも最近は人気のようです。

また、一般的にはお腹が大きくなってから(8ヶ月〜)撮るのがマタニティフォトとされていますが

妊娠がわかってからすぐ、お腹が大きくなる前に撮影するマタニティフォトも最近話題になっているようですよ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

スポンサーリンク

マタニティヨガ

 

ゆっくりとした時間の中で赤ちゃんを感じながら

心地よく体を伸ばしたりするヨガは心も体もリラックスできます。

仕事をしている妊婦さん、たまにはゆったりとした時間の中で自分の身体をいたわり

お腹の赤ちゃんを感じてみませんか?

私は、専業主婦だったので毎日が暇でした。

体重が増えると検診で注意されるので寝てばかりもいられない、、、

だけど一人でウォーキングする勇気もない。そんな時にこれなら!と通っていましたよ。

心と体のリフレッシュしましょう。

 

 

スポンサーリンク

夫婦や友人との時間を過ごす(食事・旅行)

 

赤ちゃんが生まれたら中々外食ができません。

外食できたとしてもパパとママのどちらかがご飯を食べ、どちらかが赤ちゃんをあやすという

交互に食べるということも多くあります。

仕方がないとこですが、ゆっくりご飯を味わうことも難しくなるので

今のうちに、旦那さんや友人とゆ〜っくりご飯を食べたり

ショッピング、旅行なんかも行かれるとよいと思います。

妊婦さんに安心安全な旅館も多くあるようです。

私は、大好きなラーメンをすすれない。交互に食べたら麺が伸びてしまう、と危機感に晒され

出産直前によくラーメン屋に足を運んでいました。

マタニティサロン

 

お腹が大きなくることで腰が痛くなったり

足の付け根が痛くなったり

また、妊娠中は中々運動もできないため筋肉が凝り固まってしまったりすることがあります。

そんな時にはぜひマタニティ専用のリラクゼーションサロン・マッサージを受けにいきましょう。

体が軽くなることで、気持ちも軽くなってきます。

妊婦さん自身がリラックスできればお腹の赤ちゃんにも伝わりますので、ぜひ、癒されてみましょう。

私自身は、足裏〜膝下までの英国式リフレクソロジーがとても気持ち良くて通っていました。

着替えたりお腹を出したりはぜず、リクライニングチェアに座り、ズボンをまくり上げるだけだったので

構えることなく楽に受けることができるのがよかったです。

つぼ押しではなく、つい眠ってしまうほど心地の良いタッチでした。母乳の出やお産が軽くなるような効果もあるとのことで

確かに、リフレサロンに通っていた時のお産はとても早くスムーズでした。

 

マタニティのうちに通える教室

抱っこ紐講座

 

抱っこやおんぶの仕方、またはスリングの正しい付け方など

様々な講座(教室)があるようです。

町や市で開催しているところも多いようなのでぜひ、お近くの市町村なども調べてみてくださいね。

 

 

おくるみタッチケア教室

 

おくるみタッチケア教室では、おくるみの正しい巻き方や

おくるみに包んでから優しく触れるタッチケアを教えてもらえます。

おくるみに包まれると、赤ちゃんはママのお腹の中にいた時と同じように背中を丸めた姿勢になり

その姿勢は赤ちゃんがとても落ち着く快適な姿勢なんです。

快適なのでおくるみに包まれると赤ちゃんはすやすや寝てくれるようになります。

また、落ち着く姿勢+ママの優しいタッチが温かくて気持ち良がいいのでおくるみに包まれたままそのまま寝てしまうんです。

産後すぐから赤ちゃんにしてあげることができるのでぜひ妊娠中に学ぶのがおすすめです。

 

 

ベビーマッサージ教室

 

ベビーマッサージは聞いたことある方も多いと思います。

生まれたらベビーマッサージ教室に一度は行ってみたい!そんな声もたくさん聞こえてきます。

 

ベビーマッサージは、オイルを使用してママが赤ちゃんをマッサージします。

マッサージすることで赤ちゃんの便秘や夜泣きが解消されたり

血液循環がよくなったり発育がよくなる、脳の発達が促進される、などたくさんの効果があります。

何よりも、お肌とお肌の触れ合を通じた親子の絆を深めるコミュニケーションなんですね。

 

 

様々なレッスンがあるので

ぜひ、ご自身が気になる分野のレッスンに通ってみてください。

ちなみに私はベビーマッサージ教室に参加してみました。

ベビーマッサージのおかげで我が子の便秘が治ったり、ぐっすりお昼寝をしてくれたこと

子育てが楽になったし、ゆとりを持てるようになりました。

あ、あとはマッサージ中の我が子のムチムチのお肌がとても気持ち良くてすごく癒されました。

とてもおすすめです。

エコー写真整理

 

時間があるのは今のうち!

赤ちゃんが生まれてからは、赤ちゃんが中心の生活になり中々時間が作れないので

写真の整理などは今のうちに行っておくと良いでしょう。

整理しながらお腹の赤ちゃんの成長を感じてみる時間も素敵かもしれません。

 

 

 

マタニティライフの楽しみ方・充実させる為にやってよかったことまとめ

 

いかがでしたか?

長いようで短いマタニティライフの楽しみ方・充実させる為にやってよかったこと

参考になりましたか?

 

 

マタニティライフの楽しみ方・充実させる為にやってよかったこと

●マタニティフォトを残す

●マタニティヨガ

●旦那さん・友人との時間を楽しむ(食事・旅行)

●マタニティが通える教室

・抱っこ紐講座

・おくるみタッチケア教室

・ベビーマッサージ教室

●エコー写真整理

 

 

ぜひ興味があるものに積極的に参加してみてください。

マタニティライフは長いようであっという間です。

赤ちゃんに会えるのも楽しみではありますが、ぜひ今しかないお腹の赤ちゃんとの生活も楽しんでみてくださいね。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事